女性の方からの脱毛の思い出のお話をまとめていきます。

脱毛の思い出のまとめ

左足の脛の毛を自己脱毛中

お話

【第02話】ピンセットは常時持ち歩き!

更新日:

昔から、毛深かったためムダ毛処理は必須でした。除毛クリームを使ったこともありましたが、クリームの独特な匂いが嫌ですぐに使うことを辞めてしまいました。

そんな時に出会ったのがピンセットです。ピンセットで抜くのは、大量のムダ毛を処理するには凄く時間がかかります。しかし、一本一本が抜けていく快感を覚えてしまったのです。

特に、高校時代にはピンセットは筆箱に常時入れて持ち歩き時間があれば腕の毛を抜いていました。中学、高校と水泳部だったため脇毛の処理もオールシーズンで必要でした。そんな時にも、必ずピンセットでムダ毛処理していました。

どうしても抜くことの難しい背中や腿の裏側などはカミソリを使っていましたが…基本的に抜くことが出来る箇所はピンセットで抜きまくりました。

時には、友達のムダ毛処理をピンセットでしてあげることも。抜けることで快感を得られるので全くストレスにも感じませんでした。

学生時代にそんなムダ毛処理の方法をしていたため、今でもピンセットでの処理方法は変わらず…今ではピンセットでのムダ毛処理がストレス発散になってしまっています。

周りは永久脱毛に行っている子も多い中、ムダ毛が無くなってしまうことが悲しくもあるので(笑)家族の理解を得ながら、ピンセットでのムダ毛処理をこれからも続けていきます。

-お話

Copyright© 脱毛の思い出のまとめ , 2017 All Rights Reserved.